スポンサードリンク

2012年07月02日

夏こそセルライトが燃焼する!

最終更新日:2014年7月21日

ダイエットの定説として、

「冬は基礎代謝が高くなるのでダイエットに最適である」

という考え方がありますが、
下半身ダイエットに限っていえば、セルライトがある場合
夏の方が皮下脂肪を燃焼しやすい
、といえます。

ダイエットに関して正しい知識を習得できるダイエット検定
を主催している日本ダイエット健康協会でも
「ヒトの基礎代謝が最も高い季節は冬である」とありますが、
yukinonが下半身ダイエットに本気で取り組んだ1年のうち
ふくらはぎが一番サイズダウンしたのは、4〜9月でした。
10月以降、翌年の春まではどんなにウォーキングしても
サイズがまったく落ちなかったのです。

ではどうして脚の皮下脂肪が落ちなかったのでしょうか?

下半身ダイエット セルライト

セルライト化している太ももやふくらはぎの皮下脂肪は
周辺の毛細血管が、脂肪細胞の肥大によって圧迫されて
とても血流が悪くなっています。
部位を手でさわってみると冷たいのがわかります。
血流が悪いので脂肪が燃焼できないのです。

参考記事:
太ももを細くする方法5 セルライトを減少させる

冬は冷えがさらに悪化しますので、
ウォーキングで赤筋が温まり、脂肪を燃焼するまでに
普通の倍以上の時間がかかってしまうのです。

とすれば、倍の距離を歩かなければならないということです。

しかし、夏は体が熱をもつ季節ですので、
脂肪を燃焼するまでの時間が比較的短くてすみます。

倍の距離を歩かなくても、軽いストレッチや筋トレで
筋肉を温めてからウォーキングをすれば
すぐにでも脂肪が燃え始めるのです。

さらには、夜、お風呂のあとで
セルライトオイルでマッサージも併用すれば尚、早いです。

お風呂上りに脚だけ水滴をふきとらずに
その上からセルライトオイルでマッサージすると
するすると滑りやすく、後でベタベタしません。
この方法は大変おすすめです。

太ももを細くする5 セルライトを減少させる セルライトオイル 
ヴェレダ セルライトオイルの詳細を見る


また、夏のセルライト対策を始める際に、
1回だけエステの体験に行き、セルライトの施術を受けて
脂肪を燃えやすくしておくと早く効果が出ます。


施術を受けた後、セルライトの組織がほぐされて
固まっていたコラーゲン繊維が分断され、
脂肪が燃えやすくなっている期間はなんと2週間も続きます。

夏こそ、セルライト対策をしっかり行って
すらりとした太ももを手に入れるのです。

参考記事:
太ももを細くする方法8 エステの体験を賢く利用する

スポンサードリンク




タグ:セルライト
posted by yukinon at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。